グーグルアドセンスで楽天とAmazon広告をブロックした方がよい理由とやり方

 

Google AdSenseグーグルアドセンス の広告は、サイトを閲覧する読者に合わせて、広告が表示されるので便利で、稼ぎやすい広告です。

反面ブロックしておいた方が良い広告もあります。そのひとつが、楽天とアマゾンのアドセンス広告です。

この記事では楽天と Amazon の広告を、ブロックした方が良い理由と、ブロックするやり方について解説していきます。

楽天とAmazon広告をブロックしたほうが良い理由

ブログの中で、楽天やAmazonのの商品を、紹介しているなら必須の設定になります。

記事で紹介した読者が商品を購入しようとして、アドセンスに表示されている楽天 や Amazon広告をクリックした場合、それが高額だった場合は確実に、損をすることになります。

楽天やアマゾンのアドセンス広告は1クリック15円ほどです。

楽天とアマゾンの報酬が1%だとしても、1500円以上のものが売れた場合は、損をすることになります。

30日間のクッキーの関係で、自分が売っていなくても、楽天トラベルなどの高額商品が、売れることもあります。

ですから、予め楽天とアマゾンの広告はブロックしておいた方が良いです。

楽天とAmazon広告をブロックする方法

GoogleAdSenseに ログインし、左上の3本線のところをクリックして、管理ページを開き「広告の許可とブロック」タブを選択します。

「全てのサイト」⇒「広告主のURL」というタブにブロックしたいURLを入力していきます。

Amazonの広告ブロック設定

www.amazon.co.jp

と入力し、「URLをブロック」ボタンを押します。

 

楽天の広告ブロック設定

www.rakuten.co.jpを入力してURLをブロックボタンを押します。

「許可またはブロック」のリストにAmazonと楽天のURLが表示され、スイッチがブロックになっていれば完了です。

 

「Criteo」をブロックする方法

楽天とアマゾンの広告は、公式URL以外にも「Criteo」という広告配信サービスからも、配信されています。ですので、「Criteo」もブロックしましょう。

「広告ネットワーク」サブタブを選択します。

検索フォームに「criteo」と入力して検索ボタンを押します。

Criteoに関する項目がリストアップされますので全てブロックします。

※広告ブロックの設定は、反映されるまでに、数時間かかることがあります。

まとめ

サイトやブログで、楽天やアマゾンの商品を紹介している方は、楽天と Amazon の広告をブロックしておいた方が収益が上がりやすいです。

ただ、ブログを始めたばかりでブログ記事の中で、楽天に Amazon の商品を紹介していても、売れないという場合は、ワンクリック15円だとしても AdSense 広告をクリックをされた方が、収益につながります。

そこはご自身の力に合わせて、広告をブロックするかしないかを決めてください。

他にもブロックした方が良い広告があるので、そちらについては別途記事にしていきます。

[cc id=”102″ title=”LINE@メルマガ登録”]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です