ビフォーアフターやランキング記事は使えない?医療広告ガイドラインが6月1日から施行

ビフォーアフターやランキング記事は使えない?医療広告ガイドラインが6月1日から施行

2018年6月1日より、改正医療法に基づく「新医療広告ガイドライン」が施行されました。医療系、クリニック系といったプログラムの広告については、ビフォーアフター写真ランキング記事芸能人の利用実績など今までコンバージョンを高めてきた表現の手法が出来なくなりました。

この記事では、厚生労働省による「医療広告ガイドライン」で何が規制されるのかまとめます。

「医療広告ガイドライン」での規制の概要

今回のガイドラインは専門的で難しい部分もありますが、詳細については厚生労働省が公開している

医療広告ガイドライン

ビフォーアフターやランキング記事は使えない?医療広告ガイドラインが6月1日から施行

主に以下のような表記が規制の対象になりますので、ご注意ください。

  1. 体験談の広告
  2. 術前、術後写真(イラストも含む)
  3. 客観的根拠のない比較(ランキング)
  4. 絶対・安全等の虚偽広告
  5. 最高・NO.1等の表現
  6. 著名人の推薦、著名人も患者等の広告
  7. 値段の安さを強調する広告

上記に上げた内容は抜粋であり、他にも禁止されている事項があります。

医療だけではない

ビフォーアフターやランキング記事は使えない?医療広告ガイドラインが6月1日から施行

今回のガイドラインは医療機関はもちろんのこと、 エステ、マッサージなどの美容、健康業界にも同じようなことがいえるようです。

今回のガイドラインを受けて、美容や健康系のサイトを運営してアフィリエイトしている方は、対策が必要となってきます。

医療系・健康系のGoogleアップデートでサイトを飛ばされて苦戦しているアフィリエイターも多いですね。医療系・健康系のアフィリエイトジャンルはリスクが高いので、参入は辞めましょう!と言っているアフィリエイターも見かけますが、ライバルが少なくなるから逆にチャンスです。

今までのサイトの成約率を高めるための工夫のほとんどが、禁止になる厳しいものですが、逆にそこにもある種の抜け道は存在するようです。

自らを守るには学ぶべし

自分のアフィリエイト報酬を守るのはじぶんしかありません。薬機法にも対応しなければなりませんね。

そこで私も購入して勉強したのがアフィリーガルです。

アフィリーガルは、このような表現はダメ、こんな書き方はOK、という超具体的な書き方の事例を示してくれています。アフィリーガルは「薬機法」をアフィリエイター向けに絞って説明してくれているので、勉強になりましす。

化粧品や健康食品のアフィリエイトをする方も学んで、自分を守った方が良いです。難しい法律をアフィリエイトするということに絞って、具体的な表現方法まで示してくれている教材はありがたいです。

必要だとわかっていても、法律を勉強していない普通の人が「医療広告ガイドライン」を読んでもさっぱり理解できず、途方に暮れるばかりですので、医療系・健康系のサイトを持っている方は学んでみてくださいね。

↓↓↓アフィリーガル公式サイト
「アフィリーガル」-アフィリエイトに取り組む上で知らなかったでは済まされないルール-

アフィリーガルには大きな特典が!

アフィリーガルの購入者限定特典として、クローズドASP(Affiliate Ocean)利用権利が付いてきます!

キャッチザウェブ運営のクローズドASPである「Affiliate Ocean」は美容や健康系の商材を多く扱っていて、アフィリエイト報酬もとても高いです。

クローズドASPの「Affiliate Ocean」はキャッチザウェブの商品を買ったことがあるか、AMCなどの高額塾に入会した人だけが使えるASPです。

「アフィリーガル」を購入すればクローズドASPの「Affiliate Ocean」を使う権利も付いてくるのでお得です!

アフィリーガルの値段は7,980円です。

アフィリエイトをやっていく上では、必要な投資かと思います。アフィリーガルの公式サイトを見てみてくださいね!

アフィリーガル公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です