クラウドワークスのタスク形式の手数料は受注がなくても300円かかる!無料終了で注意。


ブログを運営しているとクラウドワークスで、記事作成を外注さんに依頼
したり、アンケートを取ったりすることもありますよね。

クラウドワークスのタスクで発注する場合、2017年の6月より

受注するワーカーさんがいなくても、手数料が300円かかるようになりました。

「2017年6月1日(木)よりタスク形式案件の手数料無料化を
一時停止することを決定いたしました。」とのことで

受注するワーカーさんが見つからない場合でも、300円はかかります。

無料ではなくなったので、注意が必要です。以下に概要をまとめます。

クラウドワークスのタスクは応募がなくても300円かかる!

アフィリエイトをしていると、急ぎの記事やちょっとした
アンケートなどは「プロジェクト形式」ではなくて、「タスク形式」での
発注が便利だったりしますよね。

私もよく「タスク形式」を利用するのですが、ある時から

応募がなくても自動的期に
300円引き落とされるように仕様変更されていました。

私は気が付かなかったので、損をした気分になりました。

みなさんにはそんな失敗をしてほしくないので、記事にしますね!

タスク保証料(最低支払額)について

クラウドワークスは2017年6月1日(木)より

「タスク形式案件の手数料無料化を一時停止することを決定いたしました。」
とのことで以下のように改変しています。

内容は

タスク形式のお仕事の依頼時、クライアントにお支払いいただく
「最低支払額」を300円と定めております。

そのため、作業単価の合計が300円以下のお仕事はご依頼いただけません。

また、承認した作業単価の合計が300円に満たなかった場合、
タスク保証料として、承認した作業単価の合計と300円との差額をいただいております。

例)
単価10円の作業を50件(500円分)依頼

・10件承認した場合
承認した作業単価の合計が100円・・・200円がタスク保証料として発生、合計300円のお支払い

・20件承認した場合
承認した作業単価の合計が200円・・・100円がタスク保証料として発生、合計300円のお支払い

・30件承認した場合
承認した作業単価の合計が300円・・・タスク保証料の発生なし、300円のお支払い

受注なしでも最低300円かかる

いままで説明してきましたように、タスク形式の募集案件について
だれからも応募がなく、期日が過ぎた場合でも

「最低支払額」の300円がかかるように改悪されてしまいました。

応募がなくても300円かかりますので、何だかスンした気分です!

ですので、タスク形式での発注の場合

  • 適正な記事単価を設定する
  • 主婦向けの記事作成案件は、土日は応募が少ないので避ける
  • 期日を長めに設定する
[br num=”2″]

などの自衛をするように心がけています。

至急の案件で期日の短いタスクを依頼していましたが、
今は最大限長くするなど工夫しています。

みなさんも300円が無駄にならないように、気を付けて下さいね。

[br num=”2″]

このブログだけでは話せないネットビジネスで稼ぐための
テクニックや思考、秘密の情報を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガはこちらからご登録下さい。

LINEは「@zmd9620d」で検索するか
下のボタンから追加して下さい。

友だち追加
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です