アドセンスコードや定型文をショートコードで入れるプラグイン Insert HTML Snippet



ブログの記事にアドセンスコードや定型文をショートコードで

入れられるwordpressのプラグイン

 

『Insert HTML Snippet』が便利です。

 

Insert HTML Snippet(インサート・HTML・スニペット)
を使用すると、好きな場所に

好きな文章を入れられるので便利です。

 

広告を入れ替えたい時も、設定で元を変えれば

一括で貼り替えられるので時短にもなります。

 

手動で広告を貼り変えようとすると

一部変更し忘れてしまうこともありえますが、

忘れるということがなくなるので、助かっています。

 

この記事では、アドセンスコードや定型文をワンクリックで

入れられるプラグインの『Insert HTML Snippet』の設定と使い方を説明します。

 

同じ様な機能を持つプラグインに「Post Snippets」が

ありますが、「Insert HTML Snippet」の方が管理画面が

使いやすいと感じます。

 

「Insert HTML Snippet」の設定方法と使い方

 

WordPressのプラグイン「Insert HTML Snippet」を使えば、

良く使う文章などの定型文、

HTML、PHP、アフィリエイトリンクを、ショートコードに登録して、

 

記事中の好きな場所に貼ることが出来ます。

 

それでは、「Insert HTML Snippet」のインストールと

設定から見ていきましょう。

 

Insert HTML Snippetの設定方法

Insert HTML Snippet設定使い方

 

管理画面の「プラグイン」→「新規追加」から

「Insert HTML Snippet」と検索→インストール

プラグインの有効化をします。

 

インストールするとWordPressの管理画面のダッシュボードに
「XYZ Html」というのが出来ていますのでクリックします。

 

「Add New HTML Snippets」をクリックすると、

コード入力画面(Add HTML Snippet)になります。

 

「Tracking Name」にコード名をアルファベットで入力

 

「HTML code」にコードを入力(日本語の定型文なども可)

 

「Create」ボタンを押して保存します。

 

これでショートコードが出来ました。

 

 

 

作成したショートコードを使用するには、ビジュアルエディタの

投稿画面に「HTML Snippets」が追加されているので、

 

使用するコード名を選択してクリックすると、

テキストエリア(本文入力画面)にショートコードが挿入されます。

 

テキストエディタで使いたい時

「Insert HTML Snippet」の設定は
ここまでなのですが、ビジュアルエディタではなく

テキストエディタでブログを書いている方は、

 

このままでは使いにくいです。

 

さらにプラグインの「AddQuicktag」を使ってテキストエディタで使える

ボタンを作ると、ワンクリックで入れられて便利です。

 

まとめ

wordpressのプラグイン「Insert HTML Snippet」を使って

 

ブログの記事にアドセンスコードや定型文をショートコードで

入れる方法を解説しました。

 

好きな場所に入れられますし、中身の変更もプラグインの

設定からすれば、一括で出来るのですごく便利です。

 

テーマが賢威の場合は「共通コンテンツ」という機能が

あるので、必要ありませんが、

 

storkなど他のテーマを使っている時に、私には必要な

機能です。

 

ブラグインは極力入れない派ですが、このショートコードで

定型文が入れられる機能は、記事を書く時間の短縮になりますので、

必須のプラグインです。

便利ですし設定も簡単ですので、ぜひ使って見てくださいね。

おすすめのWordPressテンプレート(テーマ)

 
⇒SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」公式サイト

⇒おすすめのWordPressテーマ「stork」公式サイト

[br num=”1″][cc id=”102″ title=”LINE@メルマガ登録”]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です