記事の書き方のコツ!アフィリエイトで上位表示に必要な文字数は?かんたんに増やす方法を伝授!


アフィリエイトで記事を書く時、一記事あたり何文字書けば良いのでしょうか?

これはライバルサイトによって、何文字書けば良いかが変わって来る!という、答えになります。

狙ったキーワードで検索した時に、上位に来ている3サイトの文字数をカウントして、文字数カウンターで文字数を数えます。

その上位3サイトの平均の文字数は、書きたいところです。平均の文字数が2000文字あったら2000文字以上は欲しいところです。

ですので、何文字書けば良いかは、ライバルサイトによって、変わるということになります。

この記事では、一記事に必要な文字数と、ブログの記事の文字数を、かんたんに増やす方法も書いていきます。

一記事あたり何文字書けば良い?

2017年秋ごろから、一時期、長い文章が検索上位に上がる時期があって、その時はトレンドブログでも1万文字近く一記事に、入れているということもよく見かけました。

最近ではコンテンツの中身の勝負に変わってきているので、文字数はその時ほど、重視されていないと感じます。

最近の傾向としては、ライバル以上の文字数はもちろんのこと、充実した内容で検索者の検索糸の答えを網羅した、コンテンツが必要になってきています。

いわゆる「コンテンツSEO」と呼ばれているものがこれに当たります。

検索者の検索意図に答える記事になっているか?

最近では、グーグルが文字数を重視していないのではないか?と書きました。一時期は「長文SEO」といって、無駄に長い文章が評価される傾向にありました。

そのため、ユーザーの検索意図とは関係ない、文字の羅列になっている場合も多く見られました。

Googleがサイトを評価する指標は200ほどあると言われています。その中のひとつに、完読率というものがあって、無駄に長く検索者の意図と違うことが書いてあれば、途中で読者に離脱されますね。

それがマイナスの効果に働いてしまい、結果として、検索順位を落としてしまうことになります。

大切なのは、文字数よりも「検索者の検索意図に答える」記事に、なっているか?ということです。

無駄に長い記事は、ユーザーズファーストとはいえないものとなります。結果として検索順位を落としてしまうことになりかねません。

Googleに評価される記事の書き方

Googleに評価される記事の書き方は、

  • ライバルチェックをしっかりして、文字数で上回る。
  • 記事の中に、キーワードを散りばめながら書く。
  • 検索者の検索意図にしっかり答えられるコンテンツにする。
  • 記事を書いたらインデックスされたかの確認と、狙ったキーワードでの順位を確認する。


ここまでをセットでやる習慣を付けましょう!

文字数を数えるのに便利なツールです。コピペで入れると文字数を数えてくれます。

文字数カウントツール

かんたんに文字数を増やす方法

中々記事の文字数を増やすのが大変という方もいるかかもしれませんが、かんたんに文字数を増やす方法があります。

それは、自分の感想を記事に入れるということです。

これなら、比較的かんたんに文字数を増やすことができます。例えば自分では感想が書けないような記事の場合は、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスの「タスク」でかんたんに感想のみでも集められますよ!

クラウドソーシングサービスは大手のクラウドワークスが使いやすいです。使ったことがない方は、タスクの募集から始めるのが良いです。
登録してあなたが受注する(仕事を受ける)ことがら始めてみてもいいですね!

→クラウドワークスに登録する

日本人は『周りはどう思ってる?』が大好きなので、他の人の感想も取り入れてみても良いです。

Twitterの感想などを記事に貼っても良いですね。

その場合、賛成意見と反対意見の両方書くと説得力が上がりますし、文字数を増やすことができますね!

この記事では、一記事あたり何文字書けば良いかについて書きました。

文字数が増やせないという方は、感想を入れてみて下さいね!自分の感想を入れることで、オリジナルコンテンツとしてグーグルに評価されることにもつかなりますよ♪

文字数も大事ですが、検索者の検索意図に答えて、自分の書いた記事で検索者が、満足し検索を終えられる記事を書くことも大切です。

外注さんに、感想を書いてもらいたい、記事を書いてもらいたい場合はこちらもご覧ください。

アフィリエイトのブログ記事を外注化するメリットと戦略的使い方とは?


[cc id=”102″ title=”LINE@メルマガ登録”]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です