【図解】コピーライトとは?書き方と写真に透かし文字を簡単に入れる方法

watermarkメーカー

 

オリジナルで撮影した写真の盗用防止のために、写真に透かし文字を、入れてみませんか?

盗用の防止にもなりますし、お洒落にも見えます。

この記事では、Watermark(ウォーターマーク)とも呼ばれる、

コピーライトを透かし文字にして、かんたんに入れる方法について解説していきます。

Watermarkとは?

まずは、かんたんに「Watermark」とは何かを見ていきましょう。

watermarkとは、

著作権者が著作権を保有する著作物(静止画像や動画像などの画像)の、

権利の明示のために元画像に、小さく目立たないように入れる、

半透明の図案や文字によるロゴマークのことです。


ウォーターマークには「電子透かし」と呼ばれる、デジタル技術応用の手法もあります。

この記事では、目に見える形で、watermarkを入れていきます。

透かし文字の透過度もかんたんに選べて、便利です!

watermarkに入れる文字は?

watermarkには、どんな文字を入れるのでしょうか?

  • ©・・環境依存文字、コピペでもOK
  • 西暦年
  • ブログのURL

私は3点を入れていますが、ロゴマークなどでも大丈夫です。

watermarkをかんたんに付けられるサイト

「watermarkメーカー」というサイトにアクセスします。

↓↓↓

「watermarkメーカー」はこちら

Watermarkメーカーの使い方

では早速Watermark(ウォーターマーク)メーカーの使い方を、みていきましょう。

画像を選択

1.ファイルを選択という部分に、画像をドラッグ&ドロップまたは、画像を選択します。

 

 

 

画像が入りました。

 

 

テキストを入力

2.テキスト部分に入れたい文字とカラーコードを入力します。

©2018ブログのURL

色は白が良いかと思います・・#FFFFFF

 

 

文字の大きさと位置を調整

3.watermarkの位置は、青い四角部分をドラッグ操作で調整できます。

文字の位置と大きさを変えることが出来ます。

※入れる位置はあまり縁だと、キャプチャ時に切られてしまい、盗用される可能性があります。

 

画像の作成

4.「画像の作成」をクリックすると、watermarkが入った画像が作成されます。

 

 

保存

5.右クリックで保存します。

 

watermarkが入りました!

 

文字の濃さを調節

watermarkの濃さは3段階変えられます。

 

 

薄い・普通・濃いの三種類から選べます

watermarkメーカー使い方解説

 

薄い

 

普通

 

濃い

 

文字の濃さも大きさも変えられて便利です。

ロゴ画像やテキストの、位置やサイズなどは次回以降、同じ操作をしなくて済むように、自動で保存するようになっています。

まとめ

Watermarkの透かし文字は、Jtrimやフォトスケープなどの、レタッチソフトでもできますが、「Watermarkメーカー」というサイトを使う方がお手軽です。

画像の盗用防止にぜひ取り入れてみてくださいね。

 


[cc id=”102″ title=”LINE@メルマガ登録”]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です