アフィリエイトのブログ記事を外注化するメリットと戦略的使い方とは?


この記事では、ブログの記事を外注さんに書いてもらう、外注化のメリットと戦略的使い方、外注募集サイトの一覧をまとめます。

ブログを運営していく上で、必ずしないといけないことの一つに、ブログの記事を書くということがありますね。

ブログを運営していて、1万円稼げるようになったら、外注化を始めましょうといわれてます。

月に1万円稼げるようになった人というのは、ある程度キーワードの狙い方の、基礎ができている方です。

外注化によってレバレッジがかかり、収益を伸ばすスピードを、格段に早まめることができます。しかし、この外注化というのは、なかなかハードルが高いようで、踏み出せない方も多いようです。

この記事では、私がライターさんを探すのに、使っているおすすめのサイトと、ライターさんの募集の仕方、外注化のメリット、戦略的な活用方法をご紹介します。

おすすめのライターが探せるサイト


記事を書いてくれるライターさんは、ビジネスパートナーと呼べるくらい、なくてはならない存在です。

仮に、あなたが記事を書くのが得意でないとしても、ワーカーさんは記事を書くのを、仕事にしている方ばかりなので、

実は、自分が記事を書くより良い記事が上がってくる、ということも多いです。

以下が、私が外注さんを探すために登録しているサイトです。

クラウドワークス

管理画面が使いやすく、ライターさんとのやり取りがスムーズです。

初めての時は、コンシェルジェさんに相談してライターを募集する文面を、考えてもらったりすることもできます。

このコンシェルジェを使うということを、知らない方が意外といますね。便利なので利用しましょう。

クラウドワークスの公式サイト登録はこちら

Shefti・シュフティ

シュフティは主婦の方が多く登録しているサイトです。
登録者数は8万人以上の大手サイトです。

私は外注さんを選ぶ時は、主に女性の方にお願いしています。
同性ということで気軽にやり取りできるからです。

シュフティは主婦の方が多く所属されていますので、
美容系の案件や子育ての案件などは、主婦の方にお願いすることで良い記事が上がってきます。

シュフティの公式サイト登録はこちら

ランサーズ

ランサーズは日本最大級の仕事依頼サイトです。記事作成の他、サイトデザイン、バナーデザイン、HTMLコーティングなどなど。

アフィリエイトサイト作成に必要な業務を、依頼することができます。

仕事依頼作成時の仮入金不要でネットバンクによる振り込みもOKなところがポイント高いです。

クラウドワークスやシュフティよりは、プロっぽい方が多いような印象です。

ランサーさんの検索機能も探しやすい工夫がなされています。

ライターさんの登録人数も多いので、他でで集まらない時は、ランサーズで募集してみるのも良いです。


ランサーズの公式サイト登録はこちら

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、多少単価が高いような気がしますが、使いやすいサイトです。

Shinobiライティングの公式サイト登録はこちら

ココナラ

意外と知られていませんが、ココナラでも記事を書いてもらうことができます。

ココナラの良いところは、ライターさんの自己紹介を見て、気に入った方に依頼できるところです。

『ココナラ』の登録はこちら

afb

afbさん はアフィリエイトサービスプロバイダーASPさんです。
こちらのサイトの中に、生地を売ったり買ったりすることができるコーナーがあります。

このサイトでは実際に書かれた記事の一部を見て、気にいったら買うことができます。

また何文字でいくらという風に金額も明記されていますので、質の高い記事を買うことができます。

記事単価は高いというイメージですが、できた記事を見て買えるのはメリットではないでしょうか?

afb(アフィb)のお申し込みはこちら

フジ子さん

必要なとき必要なだけ仕事を頼めるオンラインアシスタント
【フジ子さん】は、Excelなどの秘書的な仕事を気軽にお願いできるサイトです。

オンラインアシスタント【フジ子さん】登録はこちらから

このように、沢山のクラウドソーシングサイトがあります。

ライターさんを使うメリット

ライターさんに記事を書いてもらうことで、ブログの更新頻度を上げることができ、サイトが育ちやすくなるなどメリットがあります。

レバレッジをかけるとよく言いますが、自分でなくてもできる部分は、どんどん ワーカーに投げていき、

ご自身は武力の戦略的な部分を考えていくことで、報酬を右肩上にどんどん伸ばしていくことが、できるようになります。

外注さんの戦略的な使い方

外注さんのおすすめの使い方としては、

  1. 自分が運営していて軌道に乗ってきたブログを、ライダーさんに任せて、自分は新しいサイトを構築する。
  2. 軌道に乗って収益が出ているブログの、横展開をするために、同じようなブログを立ち上げて、ライターさんに、自分のブログ記事のリライトをお願いする。


このような使い方をすれば、ライターさんにかける外注費を無駄にすることなく、うまく回していくことができます。

また、ライターさんとは、プロジェクト形式で契約することもできますし、サテライトの記事が欲しい場合などは、

「タスク」機能を使って、安く大量の記事を依頼することもできます。

気になる記事単価は?

単価は年々上がっています。2018年現在では一文字0.5円くらい必要です。

SEO的に必要とされる文字数も2000字前後が一般となっています。

1文字0.5円と考えると1000文字で500円が目安です。
1記事500円であれば、月50記事依頼しても25,000円です。

まとめ☆

クラウドソーシングサイトを使えば、ライターさんを探すことは、それほど難しいことではありません。

また、あなたがライターさんを雇うのに、慣れていないとしても、ライターさんの方は、書くことを生業にしているので、使われ慣れている場合も多いです。

ライターさんは、私より良い記事を書いてくれます。

あまり心配しすぎないで、外注化に取り組んでみましょう!

色々なクラウドソーシングサイトに登録してみて、自分のビジネスパートナーとなってくれる、
ライターさんや秘書さんを探しましょう。



[cc id=”102″ title=”LINE@メルマガ登録”]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です